不動産売却などで資産運用~土地の価値を見切る~

資産運用をする

運用資産を分散するには最適です

apartment

上場不動産投資信託の新規上場が相次いでいます。上場不動産投資信託が登場してすでに10年以上が経ちますが、ここ1年の間に、多くの銘柄が上場しています。今まではファミリータイプマンションやオフィスビル、商業施設等で運用をする銘柄が一般的でしたが、最近では、物流施設で運用をするもの、病院や有料介護施設などのヘルスケア施設を保有するものなど、個人で不動産投資をする際には馴染みのないような運用対象を組み入れている銘柄が増えてきており、今まで中古ワンルームマンションや1棟アパート、中古オフィスビル等で不動産投資をしてきた大家の人々にとっても、運用資産を分散するという意味で注目されつつある投資商品となってきています。

ちょっとした資金で運用を始められます

投資口価格が数万円程度から数十万円程度で収まる銘柄が多いため、資産運用をこれから始めようと考えている人やちょっとした資金を少しでも高利回りの投資商品で運用しておきたいという人にはお勧めです。上場不動産投資信託は1銘柄でも多くの物件を保有しているため、リスク分散を十分に図ることができますが、さらに複数銘柄を保有することで、空室リスクもより低減することができます。売買の仕方もとても簡単で、証券会社に口座を保有していれば直ちに取引をすることができます。株式投資をしたことがある人であれば、違和感なく取引をすることができます。株式市場で売買されているので、投資口価格も日々確認することができ、価格に透明性のある投資商品と言えます。