不動産売却などで資産運用~土地の価値を見切る~

ローンが払えない

市場価格に近い金額で売却出来ます

building for rent

一戸建て住宅やマンションを購入している方のほとんどが、長期に渡ってローンを組み月々の支払いを行っています。毎月の収入が安定していれば問題ないのですが、急なリストラや転職、病気などによって収入が減少した場合、ローンを支払う事が困難になります。ローンの支払いが滞ってしまうと、金融機関から電話や書面で支払い通知が来るようになり、その後、督促状が届くようになります。住宅ローンの返済が難しい、と考えているのであれば、そのまま放っておいて競売にかけられるのを待つより、自分から動いて任意売却の道を探るのがベストです。競売は、市場価格より大幅に目減りした金額で売却されその後も多大な債務が残りますが、任意売却なら市場価格に近い金額で売却出来るのです。

任意売却が一般的なものとなったのは

日本経済がバブルの頃は、不動産が右肩上がりとなっていたので、不動産を持っているだけでその価値が上昇していました。しかし、バブルが弾け長いデフレの時代に突入した事によって不動産価値は減少し、住宅ローンの返済が滞った方に多大な債務が残るケースが増えたのです。そのような状況を解決するため、任意売却という手続きが一般的に広まっていったのです。任意売却は、債務者と債権者の合意のもと行われていくため、競売に比べ債務者・債権者双方に大きなメリットがあります。近年では、任意売却を専門的に取り扱っている業者が数多くあります。インターネットでは、様々な業者を比較・検討出来るサイトもあるので、気になった方は利用してみてはいかがでしょうか。